おまとめローンのメリットとデメリットについて

複数のローンを一つにまとめることで、総返済額を減らすことも可能です。おまとめローンのメリットとデメリットについて紹介しています。

借り換えタイプのローンとの違い

借金を返済することができないような場合に利用されるローンの一つに借り換えローンがあります。

これは住宅ローンなど長期ローンを利用する場合に多用されるローンの一つで、現在借りている金利よりも低い金利で提供している金融機関からお金を借りるというものです。

これによって完済までの経済的な負担を軽減するというものです。

おまとめローンは複数の借金を一つにまとめるという方法であります。

借り換えローンとは、根本的にローンの仕組みが異なっているという点に注意する必要があります。
 

違いを知っておかないとダメ!


おまとめローンで借金をまとめた場合にそのローンの金利が高かったら、借り換えローンで再び金利の低い金融機関に乗り換えるという方法もあります。

借り換えローンとおまとめローンを同時に使用してから対応するという方法もあります。

気をつけないといけないのは、金利変動リスクが高いローンを借りている場合の借り換えローンです。

せっかく金利が低い金融機関で借り換えることができたのに金利が変動してしまうことによって、後から高金利のところで借りてしまっているようなこともあるからです。

そうならないためにもおまとめローンも借り換えローンも利用については注意しなければなりません。

借りる場合はまず必要性を十分に認識する必要があります。

できるだけ借金をするという気持ちは捨てて借金をしないためにはどうすればいいのか?、ということを優先的に考えることが重要であると言えるでしょう。